WiMAXルーターWX03のレビュー!W03、WX02と比較してみた

WiMAXルーターWX03のレビュー!W03、WX02と比較してみた

WiMAXルーターWX03のレビュー!W03、WX02と比較してみた

WX03

 

2016年12月発売のWiMAX2+の最新端末WX03ですが、約半年ぶりの新端末ということで注目が高まっています。W03やWX02と比較して何が変わったのでしょうか?

 

 

W03とWX02と性能を比較

 

WX03はNECのWiMAXモバイルルーターですが、おなじNEC製のWX02とHuawei製のW03を比較してみましょう。

 

 

WX03

W03

WX02

WiMAX2+

au 4G LTE

×

×

WiMAX

×

×

最大通信速度

下り最大440Mbps
上り最大30Mbps

下り最大370Mbps
上り最大25Mbps

下り最大220Mbps
上り最大10Mbps

連続通信時間 10時間 9時間30分 7時間20分
重量 110g 127g 95g

 

WX03はWiMAX2+の回線で高速接続をしたい方にはとてもおすすめができる端末です。W03はちょっと重いと感じる方も多いと思いますが、重量もバランスが取れていてオシャレなデザインです。

 

 

WX03のメリットとデメリット

 

WX03の特徴を見ていきましょう。選べるカラーはホワイトゴールドとディープブルーの2種類となっています。

 

ホワイトゴールド

WX03

 

ディープブルー

WX03ブルー

 

まずはWX03のメリットから

 

下り最大440Mbps、上り最大30Mpbsの高速通信

 

WX03が他の端末と大きく違うところは4×4 MIMOとキャリアアグリゲーションの併用で最大440Mbps対応だということです。上りに関しても最大で30Mbpsと高速通信が可能となっています。

 

WX02は220Mpbsで4×4 MIMO対応、W03が370Mbpsでキャリアアグリゲーション対応ですが、過去の端末の中でWX03は両方に対応し、最高速度の端末となっています。

 

W03はLTEとの併用で370Mbpsとなりますが、WiMAX2+のみで440Mbpsなのは魅力的ですね。

 

 

タッチパネルに対応

 

最近のWiMAXルーターはタッチパネルに対応したものが多いですが、WX03もタッチパネルを採用しています。W03もそうですがスマホ感覚で気軽に設定などができるのでとても使い勝手が良いです。

 

画面のサイズも2.4インチと大画面でタッチパネル上で3日間の通信量がチェックできたりと非常に便利です。

 

 

クレードルに拡張アンテナが搭載された

 

WX03のクレードルとなりますが自宅ではホームルーターとして活用することができるようになりました。自宅でもWiMAXを利用される方は一緒にクレードルもセットにしたほうが良いでしょう。

 

クレードルに差し込んでおくだけで充電もできますし、時計代わりにも利用できるんですよね。私は結構時間を確認する時にWiMAXの画面を利用していたりします。

 

 

省電力機能がアップした

 

利用しないで1時間経過すると強制的にOFFになるタイマ機能が搭載されたりスマホで電池残量が少なくなっていることをお知らせしてくれるようになっています。電池の切り忘れにも安心です。

 

結構電池を切るのを忘れていてバッテリー切れになってしまうことってありますよね。

 

 

バッテリーがあまり持たない

 

私はW03とWX02を持っていて両方利用していましたが、W03に関しては9時間ほど持つとカタログに記載されています。WX02はすぐに充電が切れてしまうイメージでした。

 

しかし、WX03に関しては10時間とかなりバッテリーは持つようになりましたね。

 

モバイルバッテリーで常に充電できる環境でなかったとしても十分利用することが可能です。ハイパフォーマンスでは7時間20ふんとなりますので、440Mbpsで接続するためにかなりの力を使っていると考えられます。

 

 

WX03にはこんなデメリットもあった

 

LTEは非対応

 

WiMAX2+の売りの1つでもあるau 4G LTEが非対応となっていますので、WiMAX2+の電波が無いけどauの電波を使うという選択が取れなくなっています。LTEは利用する方と利用しない方に結構分かれると思います。

 

私はLTEを使わずにもで満足しているのでお住いの地域や、利用の仕方にも依るかと思います。

 

 

WiMAX回線は非対応

 

WXシリーズはWiMAX2+がつながらないエリアではWiMAX回線で繋がるという通信制度でしたが、WX03はWiMAX回線は非対応です。

 

もともとWシリーズはWiMAX回線非対応になりますので時代的にはエリアも拡張してきたことですしWiMAX2+がメインになってきているのでしょうね。

 

 

 

管理人のおすすめはW03

 

WX03の速度は440Mbpsと魅力的なのですが、バッテリーの容量やLTEが利用できるかどうか?ということを考えるとトータルとしてW03の方に軍配が上がります。

 

LTEやバッテリーは気にしない、440Mbpsを利用したいという方は迷わずWX03を選択されるとよいでしょう。

 

最新端末はW04です。
WiMAX W04のレビューやWX03と比較!クレードルは必要?

wimaxキャンペーン