WiMAXで利用できる2.4GHzと5GHzの違いと切り替え方

WiMAXで利用できる2.4GHzと5GHzの違いと切り替え方

WiMAXで利用できる2.4GHzと5GHzの違いと切り替え方

wimax 5ghz

 

wimaxを利用中の皆様、現在のwimax2+では2.4GHz5GHzの2種類の電波を利用することができるようになっています。今回はこれら2つの違いや切り替え方に関して説明していこうと思います。

 

 

2.4GHzと5GHzの違いとは?

 

Wifiの電波なんてどれでも同じと考えられている人も多いと思いますが、実は結構速度が変わってくるのです。自宅で無線LANなどをご利用されている方だったらわかるかと思うのですが、BUFFALOのルーターなんかでもAとGという違いが有りますよね。

 

 

2.4GHzの特徴は?

 

2.4GHzは障害物などがあっても回りこむために電波は通りやすい反面、速度は5GHzよりも遅くなっています。後は、他に電波を発する電化製品に干渉しやすい点がデメリットとなります。Bluetoothなどで色々な製品を繋いだりする場合影響が出る可能性があります。

 

 

5HGzの特徴は?

 

電波の干渉に強いので、色々な電波が飛んでいるところでも安定して接続することが可能で、速度も速いです。ただし、2.4GHzに比べると電波が届く距離は短くなっています。

 

 

おすすめの選び方は?

 

家の中でPCのそばでWiMAXを利用するのであれば5GHzで利用するのが一番かと思います。ただしネットを使う状況って1つの部屋だけではなかったりしますのでWiMAXを置いてある部屋から離れて利用するのであれば2.4GHzの方がいいでしょう。個人的には外出先で利用する上ではそこまで速度は変わらない感じがします。

 

 

2.4GHzと5GHzの切り替え方は?

 

これは利用している端末にもよるのかもしれませんが、私が利用しているWX01では最初の段階では2.4GHzしか選択ができなくなっています。

 

5GHzで利用したい場合はクイック設定WEBにアクセスをして設定していく必要があります。
http://192.168.179.1/

 

 

無線LAN設定の中にこのような場所がありますので5GHzにチェックを入れて有効にしましょう。

 

クイック設定Web

 

 

そうするとwimaxの端末に『無線LAN帯域切替』という項目が新しく現れます。

 

 

こちらで2.4GHz、5GHz(屋外)、5GHz(屋内)の3種類が選択できます。5GHz(屋内)に関しては屋外で利用するのは法律的にNGなので、建物内のみでの利用となっています。

 

 

基本的には5GHZ(屋外)で利用するのがいいでしょう。

 

ただ、電源を落としてしまうと、もう一度クイック設定WEBからやり直さないと行けないところが不便ですね。

wimaxキャンペーン