wimaxのエリア検索でピンポイント判定をチェックしよう

wimaxのエリア検索でピンポイント判定をチェックしよう

wimaxのエリア検索でピンポイント判定をチェックしよう

まずwimaxを購入する前に絶対にやって置かなければならないこと。
それはエリア検索です。

 

 

どうでしょう、あなたがお住まいの地域は電波がしっかり入る地域でしょうか?
近所の人が使えるといっても、自分の家が必ず使えるとは限らないのです。

 

 

UQのホームページでエリア検索ができるのですが、
右の方をクリックするとピンポイントエリア判定ができます。

 

 

住所までしっかり入力すると『◯』とか『△』の表示が出てくるんです。
つまり自分の住所で利用できるかまで判定ができるんです。

 

 

あくまでその場所で測ったわけではないでしょうから、
100%ってわけではありませんけどね。

 

 

WiMAX2+のエリアは拡大していますが、田舎などでは電波が入らない場所はまだあります。

 

関連:wimaxは田舎でも使えるのか?エリア地図で検証!

 

 

△だった場合

ちなみに私が以前住んでいた自宅は
周りが高い建物に囲まれていて
隣の住所は『◯』だったのですが
我が家は『△』だったのです。

 

 

その時にwimaxを利用した時は
確かに『△』って感じの電波でした。

 

 

窓際におかなければ電波は全く入りませんでした。
窓際でもほぼ電波1ぐらい。

 

 

もちろんその環境にも寄ると思いますけどね。

 

 

ただ、私がwimaxの販売員をやっていた時に
『△』だったお客さんで電波が弱くて速度が出ないっていう人が多かったのも事実です。

 

 

まずは自宅の電波状況を調べてみましょう。

 

サービスエリア|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+

 

 

使い方は非常に簡単です。
wimaxとwimax2+の地域が判別できるようになっていて、
タブをクリックするだけでOKです。

 

 

東京の葛飾区の住所を適当に判定してみましたが、
もちろんこんな感じで『◯』になっていますね。

 

wimaxエリア検索

 

ただ、逆にこのピンポイント判定の精度はどこまで期待できるかわからないという声もあります。

 

『◯』になっていたが繋がらなかったという声もあるようです。
建物がどんな建物かっていうのも関係があるんでしょうね。

 

 

木造とかなら電波は入りやすそうですが、
鉄筋のビルだと電波は入りづらいとかありそうです。

 

関連:wimaxは屋内だとつながらない?圏外になることが多いのか?

wimaxキャンペーン