wimax NAD11のクレードルキャンペーン&レビュー

wimax NAD11のクレードルキャンペーン&レビュー

wimax NAD11のクレードルキャンペーン&レビュー

nad11

 

wimax2+のNECから発売された初の端末NAD11です。クレードル付きのキャンペーンを行っています。

 

 

現在はHWD15が発売されていますが、NAD11はHWD14の次に発売された2つ目の端末です。NECの端末には根強いファンがいますからね。よくカフェなどでも利用している人を見かけます。

 

 

私も利用している端末はNAD11なんですよね。

 

 

NAD11の良い所は端末がかなり薄くて小さいんです。スマートフォンよりも圧倒的に小さい。鞄の中に入れるときにも全くかさばることがありません。何かカードを入れるような感覚で利用することができます。

 

 

私は白を利用していますが、表面がツルツルなので汚れたりする素材ではありません。結構満足をしています。

 

NAD11のスペック

 

 

重さ 81g
サイズ 109×65×8.2
バッテリー 10.5時間(wimax利用時)

7時間(wimax2+利用時)

無線LAN 5GHz帯、2GHz帯

 

 

NAD11のメリット

圧倒的な持ち運びやすさでしょう。ポケットの中に入れやすく、鞄なしでも持ち運びやすいです。wimax2+の端末は結構サイズが大きめなものが多いですから、携帯しやすさで選ぶのでしたらメリットが有ります。

 

 

販売された最初の頃は多少不具合があり、急に繋がらなくなってしまうということが合ったのですが、何度かアップデートをされていて、電波は最初よりも格段良くなっている気がします。

 

 

NECは通常のwimaxのころから人気の機種が多かったので多くのwimax愛好者の期待に答えられるものになっているでしょう。

 

 

NAD11のデメリット

端末が小さいというところがそのままデメリットになってしまいます。というのも、電池パックが小さいせいか、電池が早めに切れてしまいます。一日中電源を入れたままで使い続けるという方法は難しいです。

 

 

外付けのバッテリーを購入したり、替えのバッテリーを用意したりするか、充電が出来る環境で利用するのがいいでしょう。要所要所で利用するのでしたら、スマホのアプリで電源をスタンバイにすることができます。

 

関連記事:wimax NAD11のバッテリーがAmazonで購入できる

 

 

使いたい時だけ使うという方法でしたらもちろん朝から晩まで電池も持ちますね。

 

 

後はwimax2+の売りでもあるau4GLTEが利用できません。私はwimax2+の電波が入るところでの利用がメインなのでほとんど気にはなりませんが、wimax2+のエリアが微妙な人には余りオススメできませんね。HDW15などのauの電波も利用できたほうが良いかと思います。

 

 

auの電波を利用すると月額も高くなるので、wimax2+だけで十分かなっていうのが利用した感覚です。旅行などに行く時にはau4GLTEがあると便利かもしれませんけどね。

wimaxキャンペーン