wimax NAD11 バッテリー

wimax NAD11のバッテリーがAmazonで購入できる

wimax NAD11のバッテリーがAmazonで購入できる

 

私はNAD11を通常利用しているのですが、このwimax2+端末の欠点はバッテリー不足になるでしょう。昼から利用したとしても夜までバッテリーがしっかりと持つことは中々ありません。

 

 

リーモートで電源を切ることはできますが、継続して利用したいときには結構不便なものです。ですので、NAD11を利用する際には外付けのバッテリーを利用したほうが便利だと思います。

 

関連記事:wimaxの電池切れ対策はモバイルバッテリーで!

 

 

もう一つの利用方法としては、バッテリーをもう1つ購入するという方法です。バッテリーをもう一つ充電しておけば、現在利用中のバッテリーが無くなってしまっても、外して付け替えればOKです。こういった利用方法も出来るわけですね。

 

 

ただ、毎日長時間使う方にはオススメできません。たまに長時間利用する可能性がある人は保険としてバッテリーを持ち歩くのも悪くないのではないでしょうか?予備バッテリーと充電器などがセットになってAmazonで販売をしています。

 

 

付け替えバッテリーになるので、通常は現在のバッテリーが無くなったら付け替えるという人が多いとは思いますけどね。

 

 

バッテリーの寿命

大体、電化製品のバッテリーの寿命は2年だと言われています。実際、2年以上利用するとかなり電池の持ちが悪くなります。

 

 

わたしはMacbook airで5,6時間バッテリーが持つものを利用していたのですが、最終的には2時間半ぐらいでバッテリーが切れるようになってしまいました。まだ買ってから2年ぐらいでしたが、毎日のように利用しているとバッテリーの持ちは悪くなります。

 

 

原因としては充電をしまくらなくてはいけないからです。バッテリーって充電が出来る回数が決まっているので、充電の数が増えるほど劣化をしていきます。

 

 

特にwimaxの様なものは毎日持ち歩く方が多いでしょう。頻繁に電源を切るっていう方でもなければ、だいたい自宅に帰ってきた頃には電池がなくなっているのではないでしょうか?

 

 

スマートフォンと同じように毎日充電をすることになるでしょう。wimax2+なんかは1年間利用するだけでも結構バッテリーの持ちは悪くなってくると思います。

 

 

2つのバッテリーを併用して利用する。もしくは前のバッテリーが弱くなってきたら交換をすることで、常に新しい物と同じように利用することが出来るでしょう。

 

 

バッテリーの交換ができないモデルもありますが、NAD11はそのへんはいいところですね。

wimaxキャンペーン